【3D VR】デスクトップ画面で3Dゴーグルなしに3D動画を観るには?!

デスクトップ PC 3D VR 立体視 VRゴーグルなし

デスクトップパソコンの大画面でも3Dゴーグルなしに3D動画を立体的に見る方法を紹介します。SketchfabのVRナウシカ作品をキーボード操作も併用して観るには?Windows Mixed RealityやスタンドアロンVR(VRヘッドセット+VRカメラ)も紹介。NHK VRや北海道VRも?

前提条件の変更

この記事では、デスクトップパソコンでは3DVR360の360度立体視が出来る映像は観れないという前提でした。

しかし、最近(2018年9月)になって、スマートフォンの3DVR360の映像を大画面テレビ(Amazon Fire TV Stickを利用)やパソコンにミラーリングする事で360度立体視が可能な事がわかりました。

NHK VRサイトでは、テレビ番組からのVR映像カメラマンVRなど多種多彩なコンテンツが観られるので、一度覗いてみる事をオススメします。

★ 2020年9月時点の情報:以下の記事でSketchfabサイトにアップされている「風の谷のナウシカ」の2つのシーンをVRモードでデスクトップPCのChromeブラウザーから立体視して楽しむ方法を紹介しています。キーボード操作でカメラを上下左右前後に移動させカメラアングルを決める方法も紹介しています。

VRナウシカをVRゴーグルなしで楽しむ – デスクトップPC編 –

★ 2021年12月時点の情報:Creative Office Harukaが運営している「360° PHOTOS」サイトの一部である「北海道 360°パノラマVRツアー」サイトは以下です。高画質360VRで北海道の観光名所をVR体験できます。

https://360-panorama.org/hokkaido_ui/

はじめに

デスクトップPCでVRゴーグルや高価なVRヘッドセットなしに肉眼で3D360VR映像を簡易的に楽しむ方法を紹介します。以下の2通りの方法があります。

クロスアイテクニック:右目で左画面を、左目で右画面を観るので、専用の映像でなければ立体視ができません。

平行法スマホで使われている方法で、一般的な左右分割の3DVR映像で立体視が可能です。デスクトップでは縮小表示する必要があるので、スマホに比べると解像度が低く粗い映像にはなりますが、キーボードやマウスでも操作が可能なので使い勝手が良いです。Chromeリモートデスクトップを使えば、デスクトップ画面をスマホで観ることもできます。

この記事を最初に書いたのは2017年時点なので多少古い内容になっている部分がありますが、その後適時新しい情報にアップデートしているので、2021年12月現在でも参考になると思います。

デスクトップで3D動画を観るには

クロスアイテクニックを使います。左右の目の視線を画面の手前でクロス(寄り目)させることで左右の映像を重ね合わせます。以下の動画を参考にして、試してみてください。最初は、動画を途中で一時停止して見るとやりやすいです。

左右に3つの映像が観えるようになります。がんばって両目を寄せると、中央の正方形の映像が立体的に見えるようになります。デスクトップの場合はスマートフォンと違って、ピントがボケることは無いので、その点はやり易いです。

単なる3D動画の例

先ずは3D静止画で慣れましょう。全画面表示でもOKです。

少し動きのある3D動画です。2001年宇宙の旅!

Windows Mixed Reality

VRとARを融合したMRがMicrosoftで開発され、今では対応するヘッドセットが各メーカーから出荷され始めており、日本でも通販で5万円前後で購入が可能になりつつあります。

https://japan.cnet.com/article/35108995/

その内のAcer製の様子がわかる記事は以下です。

https://japanese.engadget.com/2017/10/27/acer-win-mr-vr/

ここで気になる「SteamVR」のプレビュー版(無料)WMRで利用が可能になったようです。

https://www.watch.impress.co.jp/vr/news/171116.html

WMRは予想していたほどには高性能なPCスペックは要求しないようで、インテルi5/8GBメモリーくらいでも動きそうです。

さらに画質レベルを少し落として対応させることも可能なので、新しい一般的なPCをお持ちであれば検討の余地があると思います。

ただし、本格的なゲームなどをプレイするにはやはり高性能なPCが必要になります。以下の記事を参考にしてください。

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1712/22/news011.html

★ 試しにレンタルしてみたい人は、Rentioがオススメです。3泊4日で4,980円なので手軽に試せます。

https://www.rentio.jp/products/ah101

★ 最近、富士フイルムの「チェキ」をRentioからレンタルして試してみた時の紹介記事は以下ですのでレンタル方法の参考にしてください。

https://chrome-vr.com/2020/04/rental-instax-cheki-liplay-mini70-4days.html

Google Earth VRがストリートビューに対応?

最初は何のことだか理解が出来ませんでしたが、以下の動画を観て納得しました。

Google Earth VR — Bringing the whole wide world to virtual reality

https://store.steampowered.com/app/348250/Google_Earth_VR/

こちらはゲームの位置付けなので、けっこう高いハードウェアスペックが要求されますが、3DVRゲームを楽しんでいる方には「そんなもんで楽しめるの?」かもしれないですね。

東京タワー東京スカイツリー3DVRゴーグルで見上げて楽しむのがゲームなのか?とツッコミたくはなりますが、あまりゲームには興味が無い人にも楽しめる優れたコンテンツであることは確かです。

Google Earth Pro(無料)でフライトシミュレーター?

普通のGoogle Earth Pro(無料)なら、普通のスペックのパソコンで東京をフライトシミュレーターで飛ぶことが出来ます。

3DCG簡単無料ソフトの「スケッチアップ」とGoogle Earth Proを連携させて使う方法でフライトシミュレータを楽しむことができます。以前はスケッチアップ・ソフトの旧版を無料でダウンロードして使えていましたが、今はできなくなったようですが・・・

3DVRを手軽に楽しむならスタンドアロンVR?

PCもスマホも不要ケーブルレスで楽しめ、同時発売のVR180カメラで撮影した3DVR映像がその場で観られるという、ある意味「カジュアル」なVRヘッドセットが5万円前後で国内発売となりました。

https://www.gizmodo.jp/2018/05/lenovo-mirage-solo-handson.html

Lenovo Mirage Solo ハンズオン:スタンドアローン型VRが手軽すぎて、もうこれ正解すぎて

YouTubeやNetflixなども観れますし、画質も2,560×1,440px(WQHD)の解像度、110度の視野角なので、4Kテレビを買ったつもりで寝っ転がって高解像度の仮想大画面で楽しむのもアリかもしれないですね。

★「VIVE Focus」は年内に国内発売予定で、まだ日本では購入できませんが、以下の記事が参考になります。

https://japanese.engadget.com/2018/07/02/6dof-vr-vive-focus/?ncid=series_related

Surroundings Mode」で周囲の光景が前面カメラによってスクリーンに映ります。モノクロの3D映像がゴーグルを着けたままで観られるので何かと便利そうですし、ARコンテンツへの応用も?

https://japanese.engadget.com/2018/07/12/vr-vive-focus-steamvr/?ncid=series_related

Windows PCとVIVE Focusを連携させてSteamVRのゲームなどを楽しむことが出来ますが、現状では制約があるために一部のコンテンツしか楽しめないようです。

Oculus Goをレンタルしてみたい人には以下のRentioがオススメです。7泊8日で3,980円で試せます。

https://www.rentio.jp/products/oculusgo32

★ 最近、富士フイルムの「チェキ」をRentioからレンタルして試してみた時の紹介記事は以下ですのでレンタル方法の参考にしてください。

https://chrome-vr.com/2020/04/rental-instax-cheki-liplay-mini70-4days.html

★ 2021年時点ではOculus Goの発展形として「META QUEST 2」が発売されました。Facebook社から社名変更したMeta社がメタバースを楽しむのに最適なデバイスと位置付けて普及を図っています。

https://japanese.engadget.com/meta-quest-vr-mobile-mixed-reality-capture-052047588.html

まとめ

クロスアイテクニックはやはり目が疲れます。長時間の動画は無理だと思います。一方で、短時間の動画を次々と観るような用途には向いていると思います。そう考えるとミュージックビデオは3分から5分が多いのでピッタリだと思います。

少女時代の単なる3Dビデオです。

こういった技術に関しては韓国の方が早くから取り組んでいますね。日本ではAKB483DVR360で番組のプロモーションを始めました。

デスクトップでのクロスアイテクニックは、スマホを3Dゴーグルに入れたり出したりが無いので、3D動画を切り替える時は楽です。360°VR動画はスマホとVRゴーグルやVRヘッドセットでしか体験できない没入感があるので、TPOで切り替えて楽しむって感じですね。

ではでは、きらやん

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA